関西支部

2018年度関西支部総会開かれる
熱心に意見交換


 2018年度の関西支部総会が、2月10日アットビジネスセンター大阪梅田で支部会員12名の参加で開催され、麻生英明本部事務局長にご挨拶を頂きました。インフルエンザ、他の所用などにより昨年より5人も参加者が減る結果となったことは残念でした。


 第1号議案の「2017年度活動報告、会計報告及び監査報告」の後、質疑応答に入りました。「支部通信」の発行に関して、寄稿の促進策、編集委員会議の検討などについて熱心に意見が交換された後、報告は承認されました。


 第2号議案「関西支部運営要綱改正」が決定され、支部事務所は「支部総会において支部代表が指定する場所」に置くことになりました。


 第3号議案「2018年度活動計画」に関し、例会等の開催、「支部通信」の発行、会員拡大などに取り組むことが決定されました。


好評だった栗原氏の講演



講演する栗原久氏

 その後、特別講演として栗原久先生((一財)フィールド・サポートem代表理事、日本福祉大学実務家教員、社会福祉士)に、今年4月に障害者雇用促進法が改正施行されるのを控え、精神障害者の雇用が義務化され、法定雇用率の算定基礎に加えられることから、「大きく変わる障害者雇用の制度、実態」のテーマで1時間半にわたり、ご講演を頂きました。日本の障害者雇用制度の変遷を振り返りながら、就労支援などで豊富な実践に裏付けられたわかり易く深い内容のお話で、大変好評でした。


 続く報告は、外国人技能実習法が2017年11月1日に施行された状況の下、私が「ベトナム訪間報告技能実習制度の現状と課題~日越友好・共同発展を願って~」と題して実情報告、技能実習制度、介護の人材確保・定着などについて45 分間話し、意見交換をしました。(森田定和)



関西支部総会

総会で宮本憲一氏が講演

 2017年度の関西支部総会が6月4日(日)午後、 JR京都駅近くのキャンパスプラザ京都で支部会員17名の参加を得て開催されました。稲葉康生本部代表にご挨拶を頂きました。2016年度活動報告、会計報告の後、2017年度の役員改選では、これまで4年間にわたり支部代表を務めてこられた玉泉孝次さんが交代を提案され、小生が新たに支部代表に選任されました。続いて、例会等の開催、「支部通信」の発行、会員拡大などに取り組む新年度事業計画が決定されました。


 その後、特別講演として宮本憲一先生(大阪市立大学・滋賀大学名誉教授/立命館大学元教授)に「世界と日本――持続可能な社会の危機」のテーマで1 時間50分にわたり、ご講演を頂きました。アベノミクスと労働間題(「働き方改革」)を含む興味深い内容に満ちたお話でした。宮本先生は昨年6月27日、著書『戦後日本公害史論』(岩波書店、2014年7月)が評価され日本学士院賞を受賞されています。


 続く講演は、私が「競争入札・指定管理者選定等における労働環境評価の現状」と題して、官製ワーキングプアの一掃にむけて社労士として2008年から取組んできた、労働環境評価(労働条件審査) の現状について45分間話しました。


 17時過ぎからは懇親会が開催され、会員相互の交流を深めました。(森田定和)


関西支部

関西支部は、関西に住居を有するか勤務をしている27名が所属しています。

活動は、年1回の総会及び総会時における学者や専門家等による記念講演、年1回程度の講演会(一般参加が可能な場合もあり)や見学会の開催の他、関西支部会員の投稿による「支部通信」を2013年1月から年4回発行しています。


役員は下記のとおりです。(2017年7月現在)

 関西支部代表 森田定和 特定社会保険労務士

 幹事(京都) 三村義夫 (公社)京都勤労者学園顧問

 幹事(大阪) 山下嘉昭 社会保険労務士

 幹事(神戸) 友井川紘一 労働運動研究者

 顧 問   板東 慧 大阪産業大学名誉教授

 顧 問   畑中清博 畑中労働経済研究所