労ペンとは

沿革

労働ペンクラブの歩み

日本労働ペンクラブは、1981年1月結成されました。矢加部勝美、清水一、樋口弘其、江本嘉幸、芦村庸介、内海一栄などの各氏が準備を重ね、結成にこぎつけた。ジャーナリストだけでなく、研究者、労組幹部などで構成、研究、意見交換など切磋琢磨することを目的とした。代表には矢加部勝美が就任。発足時の会員は50人であった。9月には「大河内一男先生を囲んで」(顧問、東大名誉教授)パーティーを開催した。

翌年には日本労働ペンクラブ賞を創設、水野秋氏の「岡山県社会運動史」17巻が受賞した。5月には訪中団を派遣、9月には東京電力福島第一、第二原発を見学するなど活発な活動が繰り広げられた。こうした活動もあり、会員は100人を突破した。

83年にはタイ、マレーシア、シンガポールに訪問団を派遣、84年には「労組トップ・リーダーの歓送会」を行っている。当時、すでに労働運動の衰退が指摘され始めたとはいえ、まだまだ活発な時期で、労ペンの果たした役割も大きかったようだ。

労ペン設立時は、東京・銀座にある銀座出版社内に事務所を置かせていただいていたが、86年に東京・芝にあるビルに移転、89年には丸の内の東商ビルに移り、2008年に現在の大手町の宗保ビルに移転している。

91年には、政労使労ペンによる労働4団体親善囲碁大会が始まった(2005年まで継続)、関西支部が発足、韓国労働ペンクラブと交流も始まった。活動幅は広がっている。

95年会員は150人を突破。周年行事は86年に5周年、91年に10周年、96年には創立15周年記念行事を行っている。

21世紀に入り、2002年4月には「個人情報保護法案と人権擁護法案に対する特別声明」を出している。「声明」は長い労ペンの歴史でもこの時だけである。

労ペンの体制も変わった。2003年に規約が改正され、役員、幹事は2期4年までとなり、発足当初から代表を務めた矢加部勝美氏が名誉代表となり、2代目代表には小井土有治氏が就任した。

2011年には30周年パーティーを開催したが、その1か月前に矢加部氏が死去、半年後に労働関係者等が集まり、偲ぶ会が開催された。海外訪問、国内の見学、ヒアリング、アフター5を中心に活動は活発に続けられている。

訪中団

  • 第1次1982年5月21日~5月30日
  • 第2次1984年9月6日~9月18日
  • 第3次1986年8月28日~9月7日
  • 第4次1988年8月22日~9月1日
  • 第5次1990年8月25日~9月5日
  • 第6次1992年8月23日~9月1日
  • 第7次1994年9月4日~9月13日
  • 第8次1997年8月22日~9月1日
  • 第9次1999年9月2日~9月11日
  • 第10次2001年8月31日~9月9日
  • 第11次2004年8月29日~9月5日
  • 第12次2006年8月24日~30日
  • 第13次2009年10月13日~10月20日

国際交流事業(他国の訪問)

  • 1983年10月29日~11月5日タイ、マレーシア、シンガポール
  • 1985年9月1日~8日韓国
  • 1987年8月23日~9月1日アメリカ
  • 1989年8月24日~9月3日ソ連・東欧4カ国
  • 1991年8月25日~9月1日韓国、台湾
  • 1993年9月4日~13日ヨーロッパ
  • 1995年9月3日~11日ベトナム、タイ、シンガポール
  • 1997年8月31日~9月3日フィリピン、インドネシア
  • 2000年9月3日~9月11日オランダ・東欧
  • 2002年8月25日~9月2日インドネシア、シンガポール
  • 2005年9月7日~10日韓国
  • 2007年10月31日~11月7日ベトナム
  • 2008年9月23日~9月28日インド
  • 2010年9月20日~9月26日バングラデシュ
  • 2011年8月タイ、カンボジア
  • 2012年9月2日~9月9日インドネシア
  • 2013年9月8日~9月14日フィリピン
  • 2014年9月7日~9月14日シンガポール・マレーシア
  • 2015年9月6日~9月12日ミャンマー
  • 2016年9月12日~9月16日モンゴル
  • 2017年11月29日~12月5日ベトナム
  • 2018年8月26日~9月2日ロシア極東地域

代表

  • 初代矢加部勝美(1981年~2002年)
  • 第2代小井土有治(2003年~2006年)
  • 第3代飯田康夫(2007年~2008年)
  • 第4代久谷興四郎(2009年~2012年)
  • 第5代稲葉康生(2013年~2018年)
  • 第6代山田計一(2019年~
    

トップへ戻る

PAGE
TOP