労ペン賞

2019年度労ペン賞には史上最多の会員7人が応募しました。

2019年11月05日

 

2019年度・日本労働ペンクラブ賞の応募は、10月15日に締め切りましたが、1982年にこの賞が始まって以来、最多と見られる会員7人からの応募があり、労ペン賞選考委員会(小林良暢委員長)では、嬉しい悲鳴を上げています。

労ペン賞は、労ペンが発足した翌年の82年1月12日の総会で、第1回目がスタートし、水野秋さんが「岡山県社会運動史全17巻」が受賞しました(表彰は83年総会)。以来、「受賞者なし」の年度もありましたが、2016年度(第36回)、2017年度(第37回)は、連続した授賞作品はなく、選考委員長が会員へ奮起を促したこともありました。昨年の2018年度(第38回)は、本田一成会員(本名・渋谷龍一)が「オルグ!オルグ!オルグ!」で受賞、関係者が胸をなでおろしました。

一転、2019年度の今年は、第39回になりますが、会員7人(応募者リスト参照)からの応募となり、選考は難航必至の模様です。

事務局

2019年労ペン賞応募作品

19.10.22現在

著者 著書名 発行月日 その他
①久原 穏 「働き方改革」の嘘 18.09.19
②加藤 裕治 トヨタの話し合い 19.01.16
③荻野 登 平成春闘史 19.01.23
④鈴木 則之 アジア太平洋の労働運動 19.01.25 19.09.26入会承認済み
⑤君島 護男 ハラスメント 19.04.25
⑥鳥居 徹夫 労働運動の話 18.04-19.03 「労政フォーラム」に掲載の論文
⑦横田 隆 工場法小史 19.02 自費出版、近々、刊行される
  

19年度の労ペン賞応募作を募集します。

2019年8月26日

 

2019年度日本労働ペンクラブ賞の候補となる著作を、以下の要領で募集します。

〖募集要領〗(日本労働ペンクラブ賞規定による)

①対 象

2018年9月から2019年8月までの1年間に発表された労働問題、及びこれに関連する優れた著作(論文、まとめ記事、連載記事も含む)で、当クラブ員が執筆した作品。

②締め切り

本年10月15日(火曜日)

③応募方法

会員ご自身の応募(自薦)、会員からの推薦(他薦)のどちらでもOK。応募に際しては、選考審査用に、事務局に作品を2冊(2部)以上提出すること。他薦の場合は、推薦理由を簡潔に(400字―800字程度)まとめて添付する。なお、「日本労働ペンクラブ賞選考対象である」と明記すること。

④審 査

選考委員会を組織し、幹事会で授賞作を決定し、来年1月の定期総会で表彰する。

⑤その他

これまでに日本労働ペンクラブ賞を受賞した方は対象としない。

昨年は、3年ぶりに、本田一成氏(本名、渋谷龍一会員)の「オルグ!オルグ!オルグ!―労働組合はいかにしてつくられたか」が受賞しています。奮ってご応募、ご推薦をお願いいたします。 (事務局)

  

第29回(2018年度)

2018年11月30日

 
本田 一成氏(会員名・渋谷 龍一)

「オルグ!オルグ!オルグ!―労働組合はいかにつくられたか」

(選考経過と講評)選考委員長 小林 良暢

2018年度の労働ペンクラブ賞には、会員から二作品が推薦された、しかし、うち一作品は今年度の選考対象期間(2017.9~18. 8)の以降に発行されたものであったため、次年度扱いになり、本田一成「『オルグ! オルグ! オルグ! 』―労働組合はいかにつくられたか」(新評論社)を、本年度の選考対象とした。

本書は、UAゼンセンが繊維産業の衰退による組織的危機の中から、いまや組織人員178万人を擁する我が国最大の産別組織に至る過程を、UAゼンセン流通部会において,組織拡大にむけて日々健闘してきた「オルグ」の人たちへのインタビューで得た足跡を基に構成した労作で、且つ労働運動史の上でも貴重な遺産である。

本書の内容は、前半と後半の二つに分かれる。第1章から第5章までの前半は、後にゼンセンとの統一につながっていく、商業労連やチェーン労協組合の組織化を取り上げる。流通革命に揺れる業界とそれぞれの産別組合が組織化の戦線に、衰退局面に差しかかった全繊同盟のオルグ達が殴り込みをかけたことで勃発する「抗争」を描き出す。このあたり、当時電機労連本部に在籍して、成長途上の家電量販店の組織化を巡って全繊と覇を競い、「電機労連は家電メーカーの手先だ」と汚い手で痛めつけられた私としては、読んでいくにつれて商業やチェーン労協に力が入ってしまう。こういう読み方をする人は、労働界には多いのではないか。

後半は、繊維業界に見切りをつけたオルグたちが、業種を問わない複合産別を目指して、中小企業の組織化を進めていった姿が描かれ、当時から「全繊は、パチンコ屋まで組織化した」という話が労働界に鳴り響く。そして流通革命の雄、総合スーパー・コンビニ・外食など業界に「進撃」していく過程は、著者が最も力を入れているところである。

本書が、連合結成30年を迎える直前に上梓された意義は大である。1989年、連合は組織人員800万連合を以て発足し、将来は1000万連合を豪語した。だが、今は700万人まで落ちてしまっている。今こそ連合は組織化の再進撃にむけて、この書が実践的なロールモデルにならんことを称え、その期待を込めて労ペン賞に推挙した次第である。

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  
   
1

過去記事一覧

PAGE
TOP