見学会

航空機ジェットエンジンのIHI「空の未来館」「瑞穂工場」を見学

2019年10月15日

 

恒例の秋の見学会は、9月30日、東京都昭島市にある(株)IHIの「空の未来館」と「瑞穂工場」を会員24名で訪ねた。

IHIの歴史は古く、嘉永6年ペリーが浦賀に来たときに江戸幕府が水戸藩に命じて造船所を創ったことに始まり、百六十六年に渡っている。現在、造船は分離し別会社になっているが、連結決算では約1兆5000億円の売上である。その3分の1を航空宇宙防衛関連が占め、その大部分はジェットエンジンである。

航空機市場は拡大を続けており同社は、航空機ジェットエンジンの日本におけるトップメーカーである。

「空の未来館」には、日本初のターボジェットエンジン「ネ20(1945年橘花に搭載)」から今日まで同社が開発・製造したジェットエンジン類の実物や尺模型(3分の1~4分の1)が展示されていて、その大きさ、複雑さ、精巧さに圧倒される。  
「瑞穂工場」は、ジェットエンジンの組立、運転、修理、整備を担っている。

ジェットエンジンは非常に高価で、部品の一部である大型ターボファンのブレード(羽根)1枚がプリウス1台分に当たるという。部品点数は4万~5万点ある。ちなみに自動車のエンジンは1万5000点前後ということなので、その複雑さがよく分かる。  
ジェットエンジンの収益構造は、部品の単価が高い分だけメンテナンスに比重が高いという。同工場ではメンテナンスのマイスターが活躍していて、一台一台、分解、点検、修理し、再び組み立てるという工程を担当している。

このところ、自動化やIT化が話題になることが多いが、この工場を見ていると熟練のマイスターの経験値や、熟練工の技術力が生命線になっていることがよく分かる。こうした熟練技術者の姿に、何かホッとする感覚を覚えたのは私だけではなかったように思う。

今後、AIによる診断や3Dプリンターによる自動化がいつ、どこまで進むかは分からないが、それでも人の知識、経験、勘、コツが最終的な頼りになる部分は残り続けるものと考えられる。

改めて、わが国の現場力のレベルの高さを実感させられた見学会だった。

(中村 章)

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  

電子機器工場からリニアへ

2018年10月11日

 

労ペンの秋の見学会旅行は10月11、12の両日、参加者21名で山梨県を訪ねた。今回は新宿からの貸し切りバスでの往復。初日は甲府市のNECプラットフォームズ(株)甲府事業所を見学した。

同事業所はスーパーコンピューター、PCサーバー、ATM、蓄電システムなどの多様な電子機器を生産している。受注から出荷・納品までお得意のICTを活用した一貫生産体制を実現しているのが特徴だ。社員は約550名。請負でライン作業をおこなっている協力会社員を合わせ約1000名が同事業所で働いている。

PCサーバーとモジュール、それぞれの生産・検査ラインを見せてもらった。人の作業と自動制御の機器を上手く使い分けている。会員からは「製造工程にはたくさんのロボットが導入されていると思っていたが意外だ」との声。それに対しては「微細な部品を扱っているのでロボットには向かない」「人は常にいろんなことを考えながら効率的に処理できる。すぐに代替はできない」との答えだった。

現場見学のあとで、東京の本社から駆けつけてくれた労組委員長及び甲府事業所の執行部メンバーとの意見交換もできた。工場の道を隔てたすぐ前に、2027年開業予定のリニア新幹線の山梨県駅ができるとの説明もあった。

で、翌日は走行試験が行われている県立リニア見学センターへ。 最高時速500km、品川-名古屋間を約40分で結ぶという。平日なのに小学生から我々のようなジジババまで結構な賑わい。一同、ウォーと歓声を上げながら、試験車両が目の前を瞬く間に通過していくスピードを体感した。参加者からは「既存の新幹線との兼ね合いで、はたして採算がとれる見込みがあるのだろうか」との感想も。

次いでブドウの産地として有名な勝沼に移動し、まず、ぶどう寺の別名のある大善寺。本尊の薬師如来と脇侍の日光菩薩、月光菩薩は秘仏で、通常は国宝の厨子に納められ、5年に一度、2週間だけ開帳される。今回、まことに幸運にもちょうどその時期に巡り合った。締めはワイナリーの見学と試飲、そして昼食。善男善女、天候にも恵まれた見学会旅行だった。

(山田 潤三)

  • 記事画像1
  
   
1

過去記事一覧

PAGE
TOP