• タイ・ラオス視察団タイ・ラオス視察団
  • クアンシーの滝でクアンシーの滝で
  • ラオス・日本語を学ぶビエンチャン高校の生徒ラオス・日本語を学ぶビエンチャン高校の生徒

新型コロナウィルスの感染拡大を受け、労ペンの企画行事は、当面、休止します。
会員は罹患防止第一でお願いいたします。

昨年末、中国・武漢から始まった新型コロナウィルスによる感染は、瞬く間に、広く地球規模に拡散し、今や、ウィルスとの「戦争開始」とする見方もあります。ご承知の通り、国内でも「三密」を避け、石鹸による手洗いの励行が呼びかけられるなど、予断を許さない状況にあります。

このため、わが日本労働ペンクラブでも、3月26日の第3回幹事会で、当面、ヒアリング、会員セミナー、見学会などの活動全般の企画等の中止を決めました。高齢会員が少なくない労ペンにとっては、会員の生命を守るための対策とご理解ください。

東京五輪・パラリンピックを1年延期した政府は、収束までには短期戦と見ている模様ですが、その一方で、1年以上続く長期戦という専門家もいます。果ては見えません。労ペン活動も急ブレーキを余儀なくされました。誠に、残念の極みではありますが、労ペン会員にとっては、経済縮減、雇用悪化、労働への逆風などの、ご自身の研究、関心を深める好機といえるのかもしれません。しかし、どうぞ、まず、健康優先、罹患防止優先で、収束を待ち、労ペン活動のアクセルを再び、全開したいと思います。ご協力をお願いいたします。

事務局長・植木隆司

最新活動レポート

ヒヤリング

2020年4月27日

連合総研との意見交換会を開催

連合総合生活開発研究所(連合総研、古賀伸明理事長)との恒例の意見交換会が2月6日に連合本部会議室で開かれた。 冒頭のあいさつで連合総研の藤本一郎所長は労働運動を担うことが期待される中堅人材と分野を超えた若手研究者との議論を通じた人的ネットワークの形成、「発信力」の向上を目的に、「日本未来塾」を設立し...

続きを読む

総会

イベント

2020年3月の会員セミナーのお知らせ
「セミナー会場を変更します」

2020年3月 9日

下記の要領で、3月の会員セミナーを行います。参加ご希望の方は、メール本文の要領を参照し返信ボックスに...

詳しく見る

ニュース

友愛労働歴史館が、第1回メーデーのデモコースを再現しました!

2020年5月18日

友愛労働歴史館(東京・芝、友愛会館8階)は、このほど、第1回メーデーのデモコースを再現し、5月2日に...

詳しく見る

PAGE
TOP