• タイ・ラオス視察団タイ・ラオス視察団
  • クアンシーの滝でクアンシーの滝で
  • ラオス・日本語を学ぶビエンチャン高校の生徒ラオス・日本語を学ぶビエンチャン高校の生徒

2020労ペン賞の著作を募集中です!10月26日(月)に締め切ります。

労ペン創立翌年の1982年に始まり、第40回目を迎える、2020年日本労働ペンクラブ賞の候補となる著作等を下記の通り募集します。

2019年9月から今年8月までの1年間に発表された労働問題及びこれに関連する優れた著作(論文、まとめ記事、連載記事なども含みます)が対象で、当クラブ会員が執筆した作品に限ります。

応募の締め切りは10月26日月曜日です。

会員自らの応募(自薦)、会員からの推薦(他薦)のどちらでも構いません。応募に際しては、事務局に著作2冊(2部)以上の提出をお願いします。他薦の場合、推薦事由を簡潔(400字~800字程度)に記して下さい。

労ペン賞選考委員会を経て、幹事会で受賞を決定し、来年1月に開催する定期総会にて表彰いたします。

労ペン賞本賞は、これまで57人の会員に授賞し、他に、特別賞や幹事会独自に奨励賞を授賞しています。本賞の授賞者がない年も8回ありました。しかし、昨年度は本賞、特別賞3作品ずつ、計6作品が授賞し、大豊作でした。今年は生憎、コロナ禍の影響で出版事情は容易ではありませんが、会員諸氏からの積極的な応募を期待します。お気づきの会員著作がございましたら、担当理事または事務局までご連絡いただければ幸いです。

事務局注・事務局には、FAXで連絡するか、労ペンホームページからお問い合わせください。

(担当:齊藤、澤路、保高)

最新活動レポート

ヒヤリング

2020年4月27日

連合総研との意見交換会を開催

連合総合生活開発研究所(連合総研、古賀伸明理事長)との恒例の意見交換会が2月6日に連合本部会議室で開かれた。 冒頭のあいさつで連合総研の藤本一郎所長は労働運動を担うことが期待される中堅人材と分野を超えた若手研究者との議論を通じた人的ネットワークの形成、「発信力」の向上を目的に、「日本未来塾」を設立し...

続きを読む

総会

イベント

会員セミナー延期のお知らせ(10月22日開催)

2020年9月28日

台風12号通過に伴い、9月24日午後、予定していた会員セミナーを延期しましたが、10月22日(木)改...

詳しく見る

ニュース

NPO現代の理論・社会フーォラム経済分析研究会の会合のお知らせ

2020年9月23日

第35回研究会は、9月26日(土)午後2時からちよだプラットで開催します。 NPO現代の理論・社会フ...

詳しく見る

PAGE
TOP