総会

会員の積極協力で会報を盛り立てよう!

2019年7月01日

 
代表 山田計一

労働ペンクラブ会報が200号を迎えました。第1号が発行された1981年3月20日から39年。専従者ゼロの組織でよくぞここまで、というのが率直な感想です。

労ペンがスタートして間もなくに発行された会報3号で矢加部代表は「労ペンクラブ発足の意義」と題して「一管のペンを持って立つ論客とその関係者を会員とする以上、特定の立場や理論にとらわれず、相互の自主性を尊重し合うことは異論の余地のないところだろう。しかしこういった多彩な人びとが、人間的接触を緊密にできるなら、いずれは期せずして、わが国労働問題研究の水準もまた、より以上に向上するものと考えている」と高揚感溢れる文章で、労ペンのスタンスと目標を的確に示されています。

意気込みは会報からも、うかがうことができます。6号には、退任する松下電器労組の高畑委員長ら主要組合幹部らの激励歓送会を労ペンが発起・開催したとの記事、そして14号は立花合化労連委員長、太田全逓委員長、竪山電機労連委員長ら労組リーダー17人の歓送会を池之端文化センターに140人を集めて開いたとの記事を一面トップに据えています。気負い、勢いを感じます。

7号には19人の会員が福島の第1原発と建設中の第2原発を見学した記事があり「安全性確認の好機会」の見出しをとっています。原発に対する当時の認識をうかがい知ることができます。面白いのは、1986年6月1日の19号から発行期日の表記が元号から西暦に突然変わっています。特にお断り書きはありません。ご愛敬でしょうか。

会報は記録性とともに、会員間をつなぐ大きな役割をもっています。会員の論文やヒアリング、アフター5の掲載記事は充実しています。ただ、同じテーマについて会員の異なる立場からの見解の紹介がもう少しあってもいいのではないでしょうか。お互いの主張は尊重するのが労ペンの基本スタンスですから、反論とか論争ということではなく、あくまで多角的に考えてみるという観点からやってみるということで。

複数見解を掲載するのが定番になっているのは「春闘」。そのほかのテーマで、例えば会報135号の「リレーエッセイ」で師岡武男さんが「ストは憲法で認められた合法的な物理力だ。...日本の組合もストで闘う頑張りを見せてもらいたい」と書いておられる。ストをめぐっては、昨年JR東労組から7割の組合員が脱退した「事件」がありました。JRの労使関係という特殊性はあるにしても、やはり「ストとは」を考えさせられました。会員の中には民間労組の幹部だった方もおられる。ストを知らない組合員が増える中での組合運営も含めて、どのように考えておられるのか、読んでみたいものです。

また、労働問題を離れて「この人はこんなことに関心をもっている」を紹介するコーナーを設けるなどして親睦交流を深めることもあっていいのかな、と思ったりしています。
今の印刷物の会報では紙面・紙幅の制約があります。ネットの進展に対応して近く労ペンのホームページが改編されます。デジタル紙面の活用の検討も必要かと思います。
会員みなさんの積極的協力で会報をより充実させましょう。

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  

挨拶

2019年3月29日

 

会員相互の情報・研究の充実に向けて頑張る

昨今の労働問題のメーンテーマは、労働法制・労働行政に移っています。昨年6月に、高度プロフェッショナル制度、残業時間の罰則付き上限規制、同一労働同一賃金の促進などを盛り込んだ「働き方改革法」が成立しました。今、政省令、指導基準策定が焦点になっています。加えて、「インターネットを利用した請負労働者」が増えつつあり、さらに、4月からは、改正入管法が施行され、外国人労働者が急増する公算が大きくなっています。今後の日本社会のあり方、働き方に大きな影響を与えると思われます。

こうした大きな流れの中で、労働組合は右往左往するばかりで、社会的な存在感が薄いと言わざるを得ません。労働戦線統一は何だったのかと思ったりもしています。

さて、私が労ペンに加入したのは、2007年です。幹事として会報を担当しましたが、ほとんど活動歴のない会員だったのに、代表になってよいのかという思いは今もあります。ご迷惑をおかけすることが多いかと思いますが、出来る限り頑張ってみたいと思います。労働ペンクラブの運営に関しては、これから勉強しますが、当クラブには労働法制、労働行政・労働運動に知見豊かな方がたくさんおられます。アフター5やヒアリング、会報などを大いに活用して、会員相互の情報・研究の充実に資するためのお手伝いができればと思っています。

(山田計一代表)

  • 記事画像1
  

懇親会

2019年2月25日

 

笑いもあふれ和やかに懇談会

総会に続いて、12時30分から政府および労使幹部などのゲストを交えた懇親会が、総会と同じ会場で開かれた。約120名参加。

冒頭、稲葉康生・前代表は、働き方改革関連法が施行され、同一労働同一賃金などについての対応が求められるほか、外国人労働者の受け入れ拡大も進むことが予想されることから、「今年は転換点の年になる」と強調した。

来賓あいさつした連合の神津里生男会長は、今年連合が結成30周年を迎えることに加え、ILOも創設一〇〇周年に当たることから、「しっかりと運動を強化して,発信していかなければならない」との意気込みを語った。そのうえで、働き方改革関連法の施行を4月に控えていることに加え、今春闘で労働条件・処遇改善などを進めていくうえでも、「労働ペンクラブに適切なご指導をお願いしたい」と期待した。

一方、経団連の新田秀司・労働政策本部上席主幹は、中西宏明会長が「官製春闘」という言葉が嫌いだということを紹介したうえで、「賃上げのモメンタムは継続しており、労使自治をかみしめ、内外に発信していく必要がある」と語った。

なお、根本匠厚労相からのメッセージが森川善樹労使関係担当参事官により披露された。久谷元代表の発声で乾杯。全労連および全労協の代表からも新年メッセージをいただいた。会場ではこのあと、二代目東京コミックショウによる懐かしの三蛇調教のイベントも楽しみながら、会員とゲストがなごやかに懇談した。

(荻野登)

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  

2019年総会

2019年2月25日

 

新規会員を増やし、アクティブに活動する1年にしよう

日本労働ペンクラブの2019年度(第39回)総会は林元夫事務局次長の進行で11時に開会、約60人が参加した。

先ず前年に逝去された藤田征夫さんと相原正雄さんを悼んで参加者全員で黙祷を捧げた。

次いで稲葉康生代表の挨拶と活動報告。「いろいろ課題はあるが、皆さんの協力で精いっぱいの活動ができたのではないか」と述べ、ヒアリングを15回、アフター5を7回開催、会報を5回発行しホームページとの連携に努めたこと、極東ロシア地方への海外視察、NEC甲府事業所への見学会など、各分野の活動の実施状況を報告した。会員数は入会と退会がそれぞれ16名で現有191名(12月1日現在)だが、新規会員の獲得努力も評価した。

関西支部の活動報告も併せて紹介された。決算報告は冨田修事務局次長から行われた。会計監査に当たった馬場義雄監事は、適正に運営・処理されているとしたうえで「労ペンの運営は会費収入で賄われている。未納者をなくすことと新規会員を増やすことが二大課題。当年度は皆さんの努力でいずれも改善を見たが、新年度もさらに財政の安定に努めてほしい」と訴えた。

活動報告と決算報告は、いずれも拍手で承認された。新年度の活動計画は麻生英明事務局長から提案された。①会報200号発行を記念した諸事業、②多様化するテーマに切り込むヒアリングの企画、③ホームページの積極的な活用、④「労働産業遺産」を発掘・研究するフィールドワークの推進――などを挙げ、「皆さんの参加で有意義な1年としたい」と強調した。

新年度予算案は冨田次長が説明。いずれも拍手で承認された。 総会では最後に新年度の役員体制が発表された。久谷與四郎役員推薦委員長は「一番留意したことは、労働ペンクラブが会員皆さんの相互協力で運営されていること。その観点で新幹事の皆さんを推薦させてもらった」と報告。拍手で承認され、新幹事会のメンバー諸氏が会場前面に整列し、参加者に紹介された。なお、新代表の山田計一さんは都合でやむなく欠席だったため、麻生新代表代理が挨拶を代読した。

(山田潤三)

  • 記事画像1
  

2018年総会

2019年2月08日

 

財政の維持が最重要課題

日本労働ペンクラブの2018年度定時総会が1月9日、束京内幸町の日本記者クラブで開かれた。物故会員3氏への黙とうで冥福を祈った後、 稲葉康生代表があいさつ。「2017年度は私の印象ではかなり活発に活動した年だったと思う。2018年度もよい企 画を立て、みんなで勉強していきたい」と述べ、併せて昨年度の具体的な活動について順次、報告を行った。

次いで、冨田修事務局次長より決算報告があり、中川隆生会計監事が監査報告を行った。収入・支出ともに適正に運営処理されているとして拍手で承認されたが、中川氏はとくに補足して、「但し労ペン賞費や国際活動費が使われなかったという偶々の要素によって赤字を免れたに過ぎず、他方で会費未納者14名による収入減という状況がある。健全財政を維持するためにも、未納者への督促とともに、新規加入者の獲得に皆さんの協力をお願いしたい」と訴えた。森田定和関西支部代表からは関西支部(12月末で29名)の活動状況の報告を受けた。

続いて18年度の活動計画が麻生英明事務局長から、予算案が冨田次長からそれぞれ提案があり、いずれも拍手で承認された。

最後に、日本労働ペンクラブ賞の審査状況について久谷與四郎選考委員長より、著作2点、雑誌論文、非公刊の報告書の計4点の応募があったが、選考基準に照らし慎重な審査をおこなった結果、今回は該当作なしとしたとの報告があった。2年続いて該当作なしとなったことから「会員の奮起を期待する」との指摘もあった。

(編集部)

  • 記事画像1
  
   
1  2  3

過去記事一覧

PAGE
TOP